古民家地域再生基金電力

古民家地域再生基金電力
「古民家地域再生基金電力」は、地域電力へお支払いしていた電気料金やサービスはそのまま変わらずに、地域の未来を応援できる電力です。

電気料金の一部が基金として積み立てされ、地域へ還元されます。

生活に必ず必要な電気。同じ料⾦であれば、良いことに繋がる考動を行ってみませんか?
ちいさな1歩が未来を変える。それが古⺠家地域再⽣基⾦電⼒です。

よくあるご質問

  • 電力会社の切り替え手続きはどのようにすれば良いですか?

    切り替える際に下記をご用意いただく必要がございます。

    ・現在の電力会社から発行されている電気ご使用量のお知らせ(検針票)
    ・決済情報(口座・クレジットカードなど)
    ・メールアドレス

    ご用意いただいた後、お申込みフォームの手順に沿ってお申込み下さい。

  • 検針メーターを交換しないといけないと聞きましたが、費用はかかりますか?

    スマートメーターが設置されていない場合、交換が必要になりますが、交換作業の費用やスマートメーター代などは一切かかりません。

  • 電力会社を変えると新たに電線を引かなければならないのでしょうか?

    今ある送配電網を使うので新たに電線を引くことにはなりません。

  • 品質は大丈夫でしょうか?停電しませんか?

    既存電力会社とバックアップ契約(託送供給契約)を締結していますので、電力供給は常に確実に保証されます。
    電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)も、今までの電力会社と変わりません。
    仮に当初見込んでいた供給力を確保できない場合であっても、 供給地域の電力会社の送電設備を利用するため、電力会社を切り替えても停電が起こりやすくなることはありませんし、電力がストップすることはありません。
    万が一、停電になった場合は、お住まいの地域の電力会社にお問合せください。停電が発生した場合は、今までどおりのお住まいの地域電力会社が対応いたします。

  • 賃貸住宅に住んでいますが、電力会社の切り替えはできますか?

    現在契約している電力会社との契約名義がご本人様の場合は可能です。他人名義のご契約になっている場合は、その方にご確認下さい。

  • マンションに住んでいますが、電力会社の切り替えはできますか?

    マンションにお住まいの方も、電力会社の切り替えはできます。
    ただし、管理組合などを通じてマンション全体で一括して電気の購入契約を締結している場合には、その契約やマンション内の規約などで制限される場合があるので、管理組合等にご確認下さい。

  • 新電力が事業撤退や倒産したらどうなりますか?

    万一、事業撤退や経営破綻した場合でも、お住まいの地域の電力会社から、ただちに供給が開始されますので、お客さまへの電力供給が滞るなどの影響はありません。
    その後、契約を地域の電力会社に戻していただくか、他の新電力事業者へ契約を切替えていただくことになります。
    セーフティーネットにより、お客様には変わりなく電力を使って頂けます。

お申込み方法

個人のお客様

お申し込みを行うために下記の情報をご用意頂き、お申込みフォームからお申し込み下さい。

<ご用意頂くもの>
・電気ご使用量のお知らせ(検針票)
・クレジットカード(デビットカードはお使いになれません。)
 対応クレジットカードはVISA、MasterCard 、DinersClub です。
・メールアドレス


※レジェンド電力サイトの「古民家地域再生基金電力」お申し込みフォームが開きます。 
 

法人のお客様

まずは下記手順に沿ってお見積りフォームからお気軽にご相談、ご連絡下さい。
担当者より切り替え可否のご連絡と、切り替え後のお見積り金額、お申込み方法をご案内いたします。

STEP 1

お客様の直近12ヶ月分の請求書写し(PDFファイル)をご用意ください。
 

STEP 2

『電力使用状況確認シート』をダウンロードし、シートの項目に従い、対象施設の情報をご記入ください。

>> 記入例はこちら(PDF)
 

STEP 3

こちらのフォームに必要事項を記載し、送信下さい。
後程担当の者より、切り替え可否のご連絡と、切り替え後のお見積り金額、お申込み方法をご案内いたします。

お見積りフォーム

投稿日:2017年5月29日 更新日:

Copyright© AestheticsJapan Co.,Ltd , 2017 AllRights Reserved.